送料無料キャンペーン

カラコン初心者さん要チェック!裏表を安全に確認する方法

カラコンを初めて使うとき、一番に悩むのがカラコンの「裏表」の見分け方ではないでしょうか?ケースからそのまま取り出したつもりでも、ひっくり返ってしまったりどちらが表かわからなくなってしまうことってありますよね。どちらか分からずにベタベタと触れっていると、レンズに汚れが付着して使えなくなってしまうことも・・・。そこで今回は、カラコンの裏表を安全に確認する方法をご紹介していきます。カラコン初心者さんはもちろん、日頃からカラコンを愛用している方も要チェックですよ♪

裏表の確認方法①カラコンのカーブをチェック♪

裏表を安全に確認する方法として、一番わかりやすい方法はカラコンのカーブをチェックすることです。 人差し指の腹の上にやさしく乗せ、レンズと視線が平行になるようにしてカラコンのカーブを見極めます。お椀のように、内側に向かって綺麗に丸まっている状態ならば表面。反対に、外側に向かってレンズの縁が反っていたら裏面です。これはカラコンに限らず全てのコンタクトレンズにも共通する見極め方なので、ぜひ覚えておいてくださいね♪

カラコンのカーブが見極めにくい時は?

ご紹介したように、指の腹にレンズをのせてカーブを見極める方法は一般的ですが、カーブが緩やかなカラコンの場合にはなかなかどちらが裏表かわかりにくい時もあります。そんな時に試して欲しいのが、レンズの中央を軽くつまんでみること!すると、正しい表面の場合に綺麗なお椀型に、間違えた裏面の場合には外側に反ってしまうのがとってもわかりやすいのです♪また、中央部分でなくレンズの端っこを軽くつまんでみるのもOK! この時も正しい 表面 ならば内側に丸まり、間違えた裏面ならば外側に反り返ります。乗せただけではわかりづらい場合は、ぜひ中央部分or縁の部分を軽くつまんでみてください♪ただし!この時強くつまんだり、鋭く伸びた爪でつまむとレンズを傷つけてしまう可能性も。くれぐれも、カラコンを触る時にはやさしく、傷つけないよう気をつけてくださいね。

裏表の確認方法②カラコンの柄の濃さチェック♪

続いては、カラコンならではの裏表の見極め方をご紹介します。ここでは、カラコンの柄の濃さをチェックしていきましょう!カラコンの裏表を両面よく見ると、柄の着色部分が薄い方と濃い方があるのが分かると思います。このうち、柄の薄い方が表面、つまりは目の触れる側。そして、柄の濃い色の方裏面、つまりは目の触れない側になります。装着した時、外から見える裏面の方がデザインが濃いということですね♪ 初めはどちらが濃いかわかりづらいかもしれませんが、何度も見ていくうちにだんだんと分かるようになっていきます。一発で分かるようになれば、カラコン上級者さんの証かも?♪ぜひ意識して訓練していってくださいね。

カラコンの裏表を安全に確認する方法まとめ

いかがでしたか?今回は、なかなか見分けがつかないカラコンの裏表の安全な確認方法についてご紹介しました。裏表を間違えて装着してしまうと、レンズがずれやすくなったり目がゴロゴロしたりするだけでなく、角膜を傷つけて重大な目の病気を引き起こしかねません。眼球を傷つけず安全にカラコンを楽しむためにも、レンズのカーブをしっかり見極めること。また、柄やデザインの濃さにもぜひ目を向けてみてくださいね。カラコンに触れる時には、必ず手を綺麗に洗い、やさしく爪を立てずに扱うことも大切!正しい向きでカラコンを装着し、安全に楽しくカラコンを使用して下さいね♡