SALE

カラコンが原因で起こる目の病気に気をつけよう!

手軽におしゃれに可愛くなれるカラコンは、年齢問わず沢山の方が愛用しています。
昔は眼科でしか購入できなかったコンタクトも、ネットや雑貨店でも簡単に入手できるようになりました。
多くの方が利用するようになった反面、カラーコンタクトによる失明や眼病が急増しているようです。
おしゃれの為に使い始めたのに、取り返しのつかない事に、なんてことは避けたいですよね。
今回は、カラコンを使用する上で気を付けるべき目の疾患や、対処方法をご紹介します。
しっかり学んで、楽しくカラコンを使いましょう!

カラーコンタクトでおこりやすい目の病気


・結膜炎
目の充血や炎症が起こります。一番多いトラブルです。

・角膜炎
黒目の部分が炎症を起こしてしまう状態。

・角膜ビラン
角膜の表面が剥がれてしまう状態。

・角膜内皮障害
目の酸欠状態により角膜内皮の細胞が減ってしまう状態。

紹介したのはほんの一部。カラーコンタクトが起こす目の病気は沢山あります。
これらのトラブルが起こると、痛みやかゆみ・乾燥を引き起こすだけでなく、放っておくと失明する危険性もあります。
上記に挙げたものは、いずれも早期発見出来れば比較的楽に治癒します。
また、普段から正しくカラコンを使用すれば、病気に掛かる心配もありません。
病気にならないために気をつけたい日々のケアについて学んでいきましょう。

カラコンを購入する際に必ず気を付ける事


・購入の際は必ず眼科を受診する事
カラコンは基本的に高度管理医療機器です。
一般的な視力補正のコンタクトと同じく、医療機器として扱われるようになりました。
また、必ず眼科での定期健診をしてください。何らかのトラブルの際にも、早期の発見が可能になります。

・1日の着用時間は守る
カラーコンタクトレンズの1日の装着時間は6〜10時間と考えましょう。
初めてカラコンをつける際には目を慣れさせる為にも1~2時間程の短時間からの装着が推奨されています。
なぜ装着時間が決められているかというと、通常のコンタクトと違い、カラコンの色がついている部分は、目の呼吸に必要な酸素が通りにくくなっているからです。
そのため、カラコンを着けるということは、そのぶん目への酸素補給が足りていない時間ができてしまうという事なのです。
着用時間内であっても、違和感や充血が見られる際には取り外す事をお勧めします。

・洗浄剤はソフトレンズ用またはカラーコンタクト専用の物を使用する
コンタクトは保存の際に必ず専用の洗浄液を使用します。
通常のコンタクトにはソフトとハードの2種類あり、それぞれ使う洗浄液は全く違います。
カラコンの際は、ソフトコンタクトレンズ用の洗浄液を使用するのが一般的です。
また、絶対に使用してはいけないのが「過酸化水素系消毒液」。
カラコンの色素が抜けてしまう恐れがあるので使用は避けて下さい。
また、急なお泊りや保存液が無い!なんて時にも、「水」は絶対に使用してはいけません!装着時に激痛が起こる上、レンズが変形して使用できなくなります。

そのカラコン、サイズは合っていますか?


度入りのカラコンを購入する方は、視力に合った物を選びますよね。
あとはチェックする項目は、カラーやデザインだけでOK?
答えはNOです。
カラコン購入時に注意すべきは、DIA(レンズ全体の直系)とBC(ベースカーブ)。
ベースカーブの値が合わないカラコンを使用すると、きちんとフィットせず、不快感やズレによって眼球を傷つく場合があります。
購入の際は、必ず商品説明文に「BC:○.○mm」というように表記されています。
自分に合った正確なBCを知るためには、眼科で調べてもらうしかありません。
検診の際に視力等と一緒に解りますので、ご自分のBCは把握しておきましょうね♪
市販のレンズでピッタリのサイズがあるとも限らないのですが、±0.3mmくらいであれば誤差の範囲で使用可能です。


日々のケアで気を付ける事は?


・基本的ケアに忠実に!
カラコンを扱う上で最も大切なのは、通常のコンタクト同様の基本的なケアです。
レンズの消毒は毎日行ない、洗浄の際はしっかりと手を洗って清潔な状態の指で行ないます。
レンズを傷つけないよう、指の腹でしっかりとこすり洗いしてくださいね。

・基本的ケアに忠実に!
洗浄剤に付いているレンズケースを使用する方が多いと思いますが、レンズケースの使用期限は、洗浄剤が無くなったタイミングです。
使用後は水洗いをし、しっかりと乾かす事を忘れずに!濡れた状態のまま、雑菌が繁殖しないように気を付けましょう。

・たまには目を休ませる
また、極力毎日つけ続けるのは避け、目を休ませるという意味でもカラコンをつけないお休みの日を作るのも大切です。しっかりと目に酸素を通してあげる事で、目が持っている本来の修復機能も働きやすくなりますよ。

まとめ


カラコンによるトラブルが増えている昨今。
しかし、カラコン自体が悪い物なのではなく、使う側の知識不足が重大な原因だと言われています。
カラコンは目を大きく見せ、自分自身に自信を与えてくれる魅力的なアイテム。
使用方法をしっかりと守って、素敵な毎日を送ってくださいね♪