カラコン美人の邪魔を阻止!クマの原因と対処法

メイクやファッション、カラコンでどんなにオシャレをしても、目の下にクマができていると不健康に見えたりそれだけでどこか不幸そうに見えてしまうことも。
寒い日が続き身体が冷えやすい冬は、夏よりもクマが出来やすい季節でもあります。
せっかくカラコンでキュートな瞳を作るなら、クマもしっかりケアして更に美人な瞳を目指しましょう!
今回のコラムでは、クマができてしまう原因と対処法をご紹介します♪

クマの原因と対処法①睡眠不足

クマの原因としてあげられるのは「睡眠不足」です。
目の下は薄くデリケートで、皮脂線が少なくとても乾燥しやすい部分。
冬は特に空気が乾燥しがちなので、ダメージを受けた肌の再生力を高めるためにも、新陳代謝が行われる22時〜2時の間に睡眠をとることがクマ対策にとても重要です。
また、時間だけでなく睡眠の質も大きく関係します。
深い眠りを導くよう睡眠前のパソコンやスマートフォンの使用はできるだけ避けましょう。
好きな香りをアロマで焚いたり、触り心地の良い寝具にこだわるのもとても効果的ですよ♡

クマの原因と対処法②血行不良

前述した通り目の下は皮膚が薄いので、血行不良で栄養が十分に行き渡らなかったり血液がドロドロしているとすぐ黒ずんで見えてしまいます。
血行不良の原因は目の疲れや肩こり、冷えや栄養不足です。
冬は身体が冷えてクマが出来やすいので、血流を良くするためにお風呂上がりに目の周りを優しくマッサージするとクマ解消にとても効果的です。
また、血行を良くしてくれる栄養素を食べ物から摂取することも大切。
血をつくってくれる鉄分や、血行を促進してくれるビタミン類を多くとりましょう。
鉄分はひじきやプルーンなど色の黒いものに多く含まれ、ビタミンは緑黄色野菜や豚肉、卵や海鮮類に多く含まれます。
血行不良が悪化するとクマが色素沈着して解消しづらくなってしまうので、しっかりと内側からケアしてくださいね。

クマの原因と対処法③不適切なカラコンによる疲れ目

クマができてしまう原因の一つに、「疲れ目」もあげられます。
疲れ目は長時間目を酷使したり、合わないコンタクトレンズを使用している方に多く現れる症状です。
度数が強すぎたり弱すぎたりと視力に合っていなかったり、ベースカーブが目の形状に合っていないカラコンは目に負担をかけて疲れ目の原因になります。
また、カラコンの長時間使用により瞳に酸素が行き渡らず、目が乾燥してしまうことも疲れ目によるクマの原因です。
カラコンを楽しむときには、しっかりと自分に合った度数とベースカーブを眼科でチェックしましょう。
視力や角膜の状態は日々変化しますので、定期的に受診して現状把握に努めることがとても大切です。
また、一日日の使用時間もできるだけ短くすることが大切。
帰宅後はメガネに変えたり、外出先でも時々遠くを見て目を休めると疲れ目軽減になります。
カラコンをつけたままの睡眠も目に負担をかけるので、睡眠前には必ずカラコンを外すように心がけてください。
使用時間を減らすことで疲れ目やクマが解消されたという声もたくさんあるので、ぜひ少しずつでもトライしてみてくださいね。

まとめ

カラコン愛用者にとってカラコンはおしゃれを仕上げる魔法のようなアイテム。
せっかく装着するのなら、クマのない綺麗な目元で美人度をよりアップさせたいですよね♡
ほんの少しの意識や心がけでクマは大幅に軽減されます。血行が良くなると肩こりや頭痛も緩和されるので良いことばかり♪
出来るだけ目の負担を減らすように、ご自身に合ったカラコン選びをしてくださいね。 クマのない透き通った肌でカラコンの魅力をさらにアピールしましょう♡