SALE

カラコンで目が疲れた時に役立つケア方法♡

カラコンを使っていると、目がシパシパするような感覚になったり、ものが見えづらくなることがあります。 これは、現代社会において、スマートフォンやパソコンが主流で使われていることが原因の場合と、目の乾燥によることが原因の場合があります。 どちらにせよ、目を使う機会が多く、疲れた時に症状が出ます。 こんな目の疲れにお悩みの方へ、今回は目が疲れた時に役立つケア方法をご紹介したいと思います。

ホットアイマスクは目の救世主!

目が疲れている時に役立つアイテムは、ホットアイマスクです! ホットアイマスクは、目の血行を良くしてくれるので、すっきりします! 40度ほどに温めたタオルを目の上に置くと、じ~んわり目を温めてくれるので心地いいです☆ 筆者も普段パソコンでのお仕事が多いので、3日に1度は寝る前にホットマスクを使用しています♪ 寝起きに使うこともありますが、目の腫れなども引きやすくおすすめです♡ ホットアイマスクを使用するときには、メイクを落とした状態で、カラコンは外して使用しましょう♡

ツボ押しでリラックス!

目の疲れは、意外と首や肩も疲労が溜まっていることがあります。 姿勢が前のめりになりやすいデスクワークの方などは、猫背が原因のこともあります。 適度に体を動かして、筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。 目のツボでおすすめなのは、「晴明(せいめい)」と呼ばれる、左右の眼がしらから鼻よりにあるくぼみにあるツボです。 指の腹で優しく押しながら揉むととっても気持ちがいいですよ! または、こめかみにあるツボ「太陽」。 目が疲れている時に、指で押すとイタ気持ちいい感覚になります★ 手の腹で両方から顔をプレスするみたいに押しても効果があります♪ ネイルなどで、長い爪をしている場合は手の腹で押すといいですよ♪ また、首の後ろのツボ「風池(ふうち)」も押すと気持ちがいいですね! 髪の生え際辺りを、片手で揉んでいる人を見かけませんか? これは、知らず知らずの間に、ツボを押しているのです♪

マッサージで日頃から疲れ目知らずに♪

疲れ目には、頭皮のマッサージも効果的なのって知っていましたか? お風呂に入った時のシャンプーをしながら、頭皮のマッサージを行ってみましょう♪ マッサージ法は、指の先で頭皮をつまむように刺激したり、手のひら全体でグルグルと少し力を入れながら前から後ろ、後ろから前と言う感じで撫で挙げていきましょう。 両方の手の指を合わせ、頭の中心を前後にゴシゴシをマッサージするものもあります。 お風呂に入りながらだと、体も温まりますし、お好きなシャンプーやボディソープ、入浴剤の香りでリラックス効果もバツグンです☆ 毎日のお風呂で、ちょっとしたマッサージを取り入れると、疲れ目になりづらくなりますのでおすすめです♪

まとめ:眼科検診を定期的に受けよう!

眼精疲労は、様々な目のトラブルの初期症状のこともあります。 カラコンを使用していると、目の疲れは感じやすいものです。 そのことで、いつものこと、とは片付けずに定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。 例えば充血ですが、放って置いたら大変なことになるのを知っていますか? 元々、目の血管は、白目にしか存在しません。 しかし酸素を求める血管は「黒目の中」にまで入り込んでしまうのです。 充血を改善すれば、血管はまた白目の位置に戻りますが、一度、黒目への通り道ができてしまっているだけに、酸素が目に行き届かなくなると、再び黒目に入り込みます。 これはレーシック手術をしようと考えている人にとっては、受けられる基準から落とされてしまうこともあるので注意しておきたいですね!