カラコンの「FC」とは?レンズの豆知識チェック

カラコン愛用者の方にとって、カラコンを購入する際に見るべきポイントはどんなところでしょうか? 色やデザインの他、度数やサイズなどにも目を向ける必要がありますよね。 カラコンを安全に楽しく利用するためには、知っておきたい用語がいくつかあります♪ そこで今回は、よく耳にすることの多い「BC」(ベースカーブ)にちょっぴり似ている、「FC」についてご紹介します。

おさらい♪「BC」とは

まずは「BC」からおさらいしておきましょう。 「BC」とは、レンズの曲がり具合を表わす数値のこと。「ベースカーブ」の略称で、数字が大きいほどカーブがゆるく、数字が小さいほどカーブがきつくなります。 コンタクトレンズの内側部分、つまり直接目に触れる部分なので、人によって適切なFCが異なるのもポイント。 比較的目の大きい人はBCが大きく、小さくなるほどBCも小さくなるのが一般的です。

FCとは

それでは、FCとは何のことでしょうか? FCとは「フロントカーブ」の略称で、コンタクトレンズの外側の曲がり具合を表わす数値のこと。 レンズの外側部分なので、BCと違って直接目に触れない部分ですが、コンタクトの度数を決める上で欠かせないのがこのFCです。 FCとBCは、それぞれに差をもたせることで屈折させて視力をコントロールさせています。 度数によってFCが決まるなんて、新たな発見ではないでしょうか?

ソフトとハードとの違い

ソフトレンズとハードレンズでは、カーブに少し差があります。一般的に、ソフトレンズは柔らかく瞳にフィットしやすいためBCはメーカーによって一定であることがほとんど。 しかし、ハードレンズは形状がしっかりとしているため瞳の大きさによってフィット感が異なるため、BCも細かく分かれていることが多いようです。 ただ、FCにおいてはある程度規定のカーブが決められており、瞳の大きさによって変わることもありません。 あくまでFCは度数を決めるためのカーブの値と覚えておくとわかりやすいですね。

FCはあらかじめ決められている!

カラコンを始め、コンタクトレンズのFCはBCや度数によってあらかじめ決められています。 なので、購入する際に必ずしもFCをチェックしなければいけないと言うことはありません! また、装着感があまり良くないと違和感を覚えた時にも、必要なのはBCの変更でありFCはあまり関係ないと言えます。 もしも付け心地がゴロゴロしていたり、外れやすいなどの不快感があれば、まずはBCの数値を確かめてみましょう。 BCは眼科を受診すれば、コンタクトレンズを作る際に希望すれば調べてもらえる値です。 ご自身の目をしっかりと理解しておくためにも、ぜひ一度自分のBCを調べておいてくださいね。

カラコンにおけるFCの意味

カラコンにおいても、通常のコンタクトレンズと同様に「BC」と「FC」があります。 カラコンにおいても、FCは購入時にはそこまで気にしなくても良い数値です。カラコンの箱やパッケージに表記してあることがほとんどなので、ぜひ意識してチェックしてみてください♪ カラコンを購入する際には、色やデザインだけでなく、度数やBCも自分に合ったものを選べるよう定期的に眼科を受診してくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、BCとちょっぴり似ているFCについて、その意味とチェックすべき項目についてご紹介しました。 直接目に触れない部分とはいえ、度数を決める大切な値。 ぜひ次にカラコンを購入した時には、FCの値にも注目してみてくださいね!