SALE

実は使いやすい?グレー系カラコンでつくる『なりたい顔』4選

最近のカラコンはブラックやブラウンだけでなく、ブルーやグリーンなど、カラーバリエーションが豊富。
さまざまな色が展開されていて、どの色にしようか迷ってしまうことも多々あるでしょう。
そんなカラーバリエーションの中でぜひ注目したいのが、ハーフモデルにも愛用者が多いグレーのカラコン。
チャレンジしてみたいけど、グレーってなんだか難易度が高そう、と思っている方も多いかもしれません。
でも、実はそんなことはないんです!グレーは色付きのカラコンのなかでも使いやすく、さまざまな顔立ちを演出できるカラー。
特にハーフ顔に憧れてカラコンを使い始めた方には、とってもおすすめ。
そこで今回は「グレー系カラコンでなりたい顔になる!」とっておきの4選をお伝えします☆

①超日本人顔でも自然なハーフ顔になりたい!

誰もが憧れるハーフ顔。でも自分の顔はどう見ても日本人顔で・・・。
そんな人におすすめなのが、フチを強調した明るめのグレーカラコン。
クールなグレーのカラコンならば、日本人の瞳にもなじみやすく、使いやすさバツグン♡
手持ちの洋服やメイクとの相性も良く、違和感なくハーフ顔を演出できちゃいます。
グレーカラコンは、光に当たった時に少し色味が変わって見えるなど、シーンごとに変わる瞳の色が魅力的ですよ♡

②抜け感のあるオシャレ顔になりたい!

女子ウケの良い、少し抜け感のあるソフトクールな顔になりたいなら、中心から外側へ放射状に色が広がるデザインのグレーカラコンがベター♪
繊細な模様がグラデーションを描き、グレーのクールな側面を押し出してくれます。
自然だけど、印象をガラッと変えてくれるグレーのカラコンなら、女友達からだけでなく、男子からの評判も絶対良いはず♡

③大人っぽいツヤ感を出すセクシーハーフ顔になりたい!

高発色なグレーのカラコンは、目がハッキリ&クッキリとするところが強み。
装着するだけで、大人っぽいハーフな瞳に大変身できます!
抜け感のある印象に仕上がるため、ブラックやブラウンでは物足りない!と感じ始めた方にピッタリです。
セクシーさを強調したハーフ顔になりたいなら、鮮やかなイエローが程よく入ったカラコンをチョイスしましょう。
目がよりハッキリ・クッキリして、遠目からでも目立つこと請け合いです。

④シックで上品、ローラみたいなハーフ顔になりたい!

バツグンなスタイルはもちろん、「なりたい顔ナンバーワン」のモデルとして10代~20代の女性の心を捉えて離さないローラ。
ローラに欠かせないのはやっぱりなんといっても、ブルーがかった綺麗な色の瞳。
しかし、実はローラも元々の瞳の色は黒と言われており、カラコン愛用者だったことをご存知ですか?
ローラのようにイメチェンしたいあなたにおすすめのカラコンは、グレー単色のシンプルなタイプ。
着色部分から本来の瞳の色が透けることで、シックで上品なハーフ顔に変身!
光の当たり具合によっては、少し青みがかったグレーに見えるので、さらにハーフ度もアップ!
グレーは全体的にスモーキーな印象なので、「ザ・カラコン!」といった違和感も少なく、普段使いにもピッタリですよ♪

グレー系のカラコンと相性の良いメイクとは?

イメチェンを意識してカラコンを変えると、ついメイクも濃く塗ってしまいがちです。
しかし、ハーフ顔こそ、メイクは薄付きでナチュラルに仕上げるのがベター。
そこで、グレー系のカラコンと相性の良いメイクのポイントを3つご紹介します。
これらのポイントを押さえて『なりたい顔』になりましょう♪

(1)マット肌
ベースメイクはあくまでナチュラルに。リキッドやしっとり系のファンデーションにパウダーを軽くはたいて、マットな質感の肌を意識しましょう。

(2)まゆ毛は太め
まゆ毛は太めにしっかりと、でも色は薄すぎないように注意。
「ハーフっぽく」というと、どうしてもまゆ毛の色を薄くしてしまう人が多いですが、これは「やり過ぎ感」が増してしまうのでNG。
薄すぎない色味のパウダーアイブロウを使ってしっかりと太めに描きましょう。

(3)シェーディングをプラス
グレーのカラコンを付けると、色素薄い系のハーフ顔に自然に近づけます。
それに合わせて、鼻筋に少しシェーディングを入れるメイクで、コントラストをつけるのがおすすめ。
つけすぎに注意して、指でぼかしながらシェーディングを入れていきましょう。
凹凸の浅い日本人顔でも、これでバッチリ彫りの深さを演出できます。

まとめ

いかがでしたか?グレーのカラコンは、実は日本人でも使いやすい色なのです。
苦手意識がある人は、まずはブルーやイエローの差し色が入ったデザインから始めるのがおすすめ。
グレーはカラーバリエーションも多いので、より自分に合ったものを探してみましょう♪