SALE

リップカラーに合わせたカラコンコーデ術!

カラーコンタクトの市場と普及が急速に広がる昨今、需要にこたえて、カラコン自体のカラーバリエーションも豊富になってきています。毎朝「今日は何色のカラコンにしようか?」「新しいカラコンが欲しいけど何色がいいのかな?」と頭を悩ませる人も少なくありません。そんな時、一番カンタンで、失敗も少なくておすすめなのが、メイクに合わせてカラコンをチョイスすること。まずは、わかりやすくリップカラーに合わせてカラコンを選んでみましょう♡おすすめのリップ×カラコンのコーデ術を伝授しちゃいます♡

赤いリップ×ブラックのカラコンでアジアンビューティを演出

大人の女性を演出する深紅のリップカラーには、何といってもブラックのカラコンがおすすめ。赤いリップカラーは原色で色味が強い分、トーンが薄めや、淡い色のカラーコンタクトを合わせると、瞳が負けてしまい、唇だけが目立つという結果になってしまいます。その点、ブラックのカラコンなら、赤いリップカラーに負けることなく全体の印象をバランスよくまとめてくれます。真っ赤なリップカラーに、目力を強調するブラックのカラコンを合わせれば、大人っぽく色っぽい印象を与えられます。セクシーなワンピースや、ブラックのスーツスタイルにもピッタリ。裏腹系のモードなスタイルに合わせれば、よりキッチュな印象に。さまざまな演出が楽しめる、ザ・定番なカラコンコーデ術です。女性ならぜひ一度は試してみたいスタイルですね♪

ピンクのリップ×ブラウンのカラコンでふんわり感を演出

女性なら誰しもが大好きなピンク♡洋服、小物、もちろんメイクも、「とにかくピンクっていうだけで手に取ってしまう!」という女性も多いでしょう。クリスマスコフレなどでも、ピンク系のアイテムはリップに限らず大人気ですよね♡赤やオレンジと違って、女性だけが取り入れることのできるピンクは、男性からのウケもバツグンです。ふんわりとしたかわいらしい女性らしさを演出できるピンクのリップカラーには、ブラウン系のカラコンがおすすめ。ピンクのやわらかさを上手に活用するためには、やや明るめのブラウンでフチなし、グラデーションになっている自然なタイプがおすすめ♡ヘアカラーが少し暗めな人は、髪色に合わせてカラコンも少し暗めのブラウンにしても良いでしょう。白い肌に、やわらかいピンクのリップ、色素の薄いブラウンのカラコンで守ってあげたい女性を思いっきり演出しましょう♪

オレンジのリップ×明るいブラウンのカラコンで元気さをアピール

ビタミンカラーと呼ばれるオレンジ色のリップは、顔の血色を明るくし、元気でキュートな印象を与えてくれます。また、ピンク系の色味が苦手なパーソナルカラーがイエローベースの人にもオレンジのリップはおすすめ♪そんな明るい印象のリップには、カラコンも同色系で合わせて明るいブラウンにチャレンジしてみましょう。ブラウンがベースになっているので、明るくても違和感も少なく使用できます。少し赤みのあるブラウンなら、日本人の肌に似合いやすいと言われているので違和感なく取り入れられます。こちらもやはりフチは自然なグラデーションのものをチョイスするようにしましょう。さらに、チークもオレンジ、ヘアカラーも赤みのあるブラウンにすれば完璧です☆

ヌードタイプのリップ、グロス×アッシュ系のカラコンでハーフ顔に♡

慣れ始めると誰しもチャレンジしたくなるのがブルーやグリーン、そしてグレーのアッシュ系カラコン。使いたくなる気持ちもわかりますが、日本人には難しいといわれるアッシュ系カラー、似合うメイクが分からず迷っている方も多いのではないでしょうか。高発色系のカラコンはどんなリップと合うのでしょうか?答えはヌードタイプ!ベージュ系や、肌に近い色味のリップならば、ブルーやグリーンと色味がバッティングすることもなく、きれいな瞳の色を強調してくれます。さらに、外国人のような色素の瞳にヌードタイプのリップはそこはかとないセクシーさを醸し出してくれます。非日常的な、少し不思議な、つかみどころのないイメージの女性を演出したいならぜひチャレンジしてみたい組み合わせです♡また、ブルーやグリーンなどの色味がまったく入っていないグレーアッシュ系のカラコンは少し色味がついたグロスがおすすめ。ピンク系や赤系(オレンジ色はアッシュ系カラーにはあまり似合わないので避けましょう)がほんのり色づくくらいの、つやのある感じに仕上がるグロスをたっぷりと塗ってみましょう♪

まとめ

いかがでしたか?メイクに合わせてカラコンを変えるのはもはや常識となりつつあります。メイクとカラコンがちぐはぐでは、どんなに高くて良いカラコンを買っても、話題のコスメを買っても、すべて台無しになってしまいます。それぞれの良さを最大限活かして、より魅力的な顔立ちになれるように、リップを塗るときはカラコンの色味を意識するようにしましょう。