送料無料キャンペーン

完全版マニュアル!カラコンの付け方を徹底解説!

今やオシャレアイテムとして欠かせない存在となったカラコン♪今まで使ったことがなかった方も、勇気を出してチャレンジしようという方も多いのでは?でも、いざ装着するとなるとその方法が分からない・・・なんてこと、ありますよね。そんな方、必見!今回はカラコンの正しい付け方について徹底的にご紹介していきます♪これさえ読めば、今すぐカラコンデビューできちゃいますよ♡

カラコンの正しい付け方①手を洗う

カラコンを装着する時には、まずケースに触れる前にしっかりと手を洗いましょう!どんなに新しく清潔なレンズも、汚れた手で触っては台無し。特に、メイクをし終わった後にカラコンを装着する場合には、化粧品の細かな汚れが爪の隙間に入っていることもあるのでしっかりと洗うようにしましょう。冬場の乾燥時期には、ハンドクリームも要注意!カラコンを装着する前には、石鹸で爪の隙間まで綺麗に洗うことを忘れずに行って下さいね。

カラコンの正しい付け方②取り出して傷のチェックを♪

しっかりと手を洗ったら、いよいよカラコンを取り出していきましょう。この時、ケースから指でつまむのではなく、カラコンに指先を押し当てるようにして上に持ち上げてみてください♪カラコンが指先に吸い付き、自然とケースから取り出すことができます。乱暴につまんだり急いで取り出そうとすると、レンズが傷ついたり破損してしまうので、ゆっくり丁寧に取り出してくださいね。また、取り出したレンズに傷がついていないかをチェックするのも大事なポイント。 利き手の人差し指の腹にレンズを乗せ、汚れや破損がないかどうか、じっくりと観察してください。

カラコンの正しい付け方③表裏を確認して装着♪

傷や汚れを確認したら、ついに装着のステップへ。この時、レンズの表裏が合っているかもしっかりとチェックしましょう。正しい表面は、指の腹に乗せた時にお椀型のように内側に丸い形を築きます。もしもレンズの端が外側へ沿った形をしていたら裏面を向いてしまっているので、優しく裏返してください。 レンズが表面であることが確認できたら、レンズを乗せている利き手の中指を下まぶたに当て、優しく下に引き下げます。そして、反対の手の中指で上まぶたを上に引き上げて目を広げましょう!この時、まつ毛の付け根ごと引っ張るようにすると、レンズを装着しやすくなります♪ そのまままっすぐ前を見て、レンズを黒目の上にそっと乗せてあげるようにすれば装着完了!カラコンは涙で自然と黒目に吸着してくれるので、無理に押し当てる必要はありません。ゆっくりと2、3回瞬きをし、レンズが落ちてこなければ正しく装着されているということ。初めはなかなか難しいかもしれませんが、慣れてくると片手でも装着できるようになるので心配しないでくださいね♪

装着後、ゴロゴロとした違和感がある時は?

正しい装着方法でレンズが入れば、瞬きをしてもレンズがずれることもなく快適に過ごせるはず。しかし、装着後にゴロゴロとした違和感や痛みが生じたり、涙が出てきてしまったら直ちに使用をストップしましょう!レンズに汚れや傷が付いていたり、裏表が逆になったまま装着してしまった可能性があります。「少しくらい平気」と安易に考えず、一度取り出してレンズをもう一度確認しましょう。この時も、手はしっかりと洗浄してからレンズを取り出すようにしてくださいね。

カラコンの正しい付け方まとめ

いかがでしたか?今回はカラコンの正しい付け方について詳しくご紹介しました♪初めての方は不安も多いと思いますが、慣れてしまえば一瞬です♡レンズはくれぐれも丁寧に、優しく扱ってあげてくださいね。