ワンデーと1年カラコンのメリットを比較!あなたはどっち派?

カラコンを買う時に、使い切りのワンデータイプか、長く使える1年タイプを選ぶか悩んでしまいますよね。
今回はワンデータイプと1年タイプのメリットとデメリットをそれぞれ比較してみたいと思います。

衛生面

ワンデーは1度つけて外したら、再度装着してはいけません。
ワンデーは常に新しいものを装着するため、衛生面では凄く清潔です。
一方、1年カラコンは同じレンズを使用します。
毎回レンズの洗浄や付け置き消毒はしますが、洗浄が不十分な場合、レンズに付着した汚れなどが落としきれないおそれがあります。
衛生面上では1年カラコンよりもワンデーの方が良いと言えますが、いずれにしても装着する前や保存方法なども清潔にする事が必須です。

扱いやすさ

扱いやすさの面では、ワンデーは使い捨てなので気兼ねなく使用する事ができます。
次にまた新しいものがある・交換すればいいという感覚になります。
1年カラコンは1年間使い続ける事を考えると、ケアに多少の手間が必要。
それが毎日となると少し面倒な部分もありますよね。
こういった視点では、ワンデーのほうが使いまわしやすい商品と言えます。

価格

価格面では、ワンデーは1箱10枚入りから20枚入り程度で、だいたい2,000円前後が主流です。
1年カラコンは、2枚入りで4,000円前後。
初回に掛かる価格は高いですが、1年間何度も使える、という点では、1年カラコンのほうがコストパフォーマンス抜群です。
カラコンは割引クーポンやキャンペーンを利用すれば、通常よりお得に購入できます。
使い慣れている人で費用を気にするのであれば、長期タイプの1年カラコンの方をおすすめします。

種類の多さ

種類の多さに関しては、ワンデーカラコンのほうがダントツで豊富な傾向にあります。
1年カラコンは種類こそ少ないものの、その分デザインにこだわったものが多い傾向に。
ワンデーにはない模様やミックス柄などがあり、個性的なカラコンが良い方は1年カラコンがおすすめ。
色々な種類を毎日日替わりで試したい、毎日違う瞳でいたいなどの時はワンデーがおすすめ。
デザインは限られますが、カラーも種類も豊富でたくさん試せるのが魅力です。

耐久性

ワンデーは1日使い捨てだけあって、耐久性は低いという弱点があります。
レンズも薄いので、引っ張るとレンズが破れたりするくらいです。
よく、ワンデーカラコンを捨てるのが勿体ないといって数日間使い続けたり、寝る時も外さないでいる人もいますが、これは危険な行為です。
それほど、ソフトなレンズという事です。
一方1年カラコンは1年間耐久できるよう頑丈に作られています。
少しレンズが硬く、きちんとしたケアで保存していれば長く使用することができるはずです。

まとめ

それぞれワンデーカラコンと1年カラコンのメリットやデメリットを比較しました。
使い道やお財布事情に合わせて使い分ける、というのが一番賢いのかもしれませんね。