SALE

メイクとカラコンで森絵梨佳さん風オフェロ顔♡

オフェロメイクの女王・モデルの森絵梨佳さん。少女のようなピュアさ、すっぴんのようなナチュラルさ、内から溢れ出るようなフェミニンな血色感、どこか儚げで守りたくなるような透明感、それに加えてオシャレさも満ちている… あらゆる角度からこぼれ落ちるような輝きを放つ森さん♡ 今回はそんな今なりたい顔NO.1の森絵梨佳さん風、キレイさと可愛さを兼ね備えたオシャレでフェロモンたっぷりメイクとカラコンをご紹介していきます♪

メイク①ファンデーションは使いません♡

森絵梨佳さんと言えば赤ちゃんのような白くてキメの細かいフォギー肌。 この肌感を作るには徹底した保湿ケアがかなり重要! 他のメイクでどんなに森さんに近づけてもお肌がカサカサしていては森さんのようなピュアさや儚げさは出せません。 化粧水をたっぷり浸したコットンパックで、必ずメイク前に肌の水分量をあげておきましょう♡ パックが終わればベースメイク。森さんのようなナチュラルなオフェロメイクにはファンデーションを使いません。その代わり、ラベンダーカラーのパールが入った艶感のある下地をしっかりと多めに丁寧に塗り込んでいくのがポイントです♪ そして気になるところをコンシーラーで隠し、薄づきのルースパウダーをしっかりとブラシで重ねていきます。 頬の下側、目と目の間にハイライトを入れてベースメイクは完成。 テカリが気になる方は、ルースパウダーの代わりに薄づきのパウダーファンデーションで軽くおさえてもok♪

メイク②離れ目メイクで守りたくなるようなあどけなさを演出

森さんのような内から滲み出るような血色感を演出するためには、アイシャドウの発色の良さも重要です。 アイシャドウベース又は薄付きのコンシーラーで整えてから、オレンジ系かブラウンゴールド系のアイシャドウをグラデーションになるように上瞼にのせていきましょう♪ 目尻太めになじみのいいカラーを塗り、下瞼は黒目下にハイライトを入れてぷっくり涙袋を作るのも森さんのようなベビーフェイスになるポイント。 黒のリキッドアイライナーでまつ毛のキワとインラインを、ブラウンのリキッドライナーでまつ毛上を細く引き、目尻を5mm程オーバーして書くことであどけない離れ目が演出できます♡ 仕上げにブラックのシャドウでアイライナーをぼかしたら、ナチュラルに仕上がります。 次にアイブロウ。 森さんの特徴である離れ太眉は明るめのブラウンのアイブロウパウダーを使いましょう。 眉頭にもしっかり毛がある人はコンシーラーで馴染ませるといいですよ♪ 眉山下から太さを出しつつ、ふんわり柔らかい印象になるように少し丸みを出すようにパウダーをのせます。 最後に明るめブラウンの眉マスカラで仕上げます。

メイク③血色感で鉄板のオフェロ顔に♡

森さんの代名詞とも言えるオフェロメイク。 オフェロメイクと言えば血色感♪ オフェロメイクの仕上がりはチークとリップで決まると言っても過言ではありません。 チークは自然な血色がつくリキッドタイプを選びます。頬骨の高い位置にのせ、頬骨に沿ってビーンズ型に指で馴染ませていきます♡ そして森さんのような厚みのある、ぷるんとした血色リップは、少しオーバー目にリップライナーでぼんやりとボリュームを足してから、赤み系リップを中央~外にかけて指で叩いて馴染ませていきます。 この時、あえて曖昧な輪郭にするのがポイントです♪

カラコン選びのポイント

森さんのようなオフェロメイクにはほんのりフチのあるカラコンをチョイス。 メイクがナチュラルなので、カラコンまでナチュラルにすると少し物足りなく感じてしまいます。 そのためDIA14.5~14.7mmと大きめサイズで瞳を大きくしながら、本来の瞳との境い目が分かりづらい薄いフチありカラコンを選んでください♪ カラーは明るいブラウンなど、色素薄い系のカラコンを選ぶことで自然体で抜け感のあるあどけなさを演出できますよ♡

まとめ

いかがでしたか? 今年も春夏は抜け感のあるオフェロメイクとカラコンで、守りたくなる女子を目指してみてはいかがでしょうか♡