SALE

プリクラで盛りたいあなたに!かわいく盛れるカラコンの選び方

プリクラを撮るならかわいく盛りたい。プリクラは友達や知り合いがSNSに載せてしまうこともあるため、写り具合は非常に重要。自分が満足できるような写りでないとテンションだってさがってしまいますよね。せっかくお金を出して撮るのですから、かわいく写りたいものです。ここではもっとプリクラでかわいく写りたい!という方のために、カラコンとメイクを使ったテクニックをご紹介します。

あなたの「かわいい」ってどんな感じ?

「かわいく盛りたい」と思ったとき、どんなかわいさを出したいのかを考えましょう。ひとことに「かわいい」といってもいろいろありますね。男性から見たかわいさ、女性から見たかわいさはちょっと違うようです。しかし、「目」は与える印象に大きく影響しているのです。目をかわいく仕上げることで、与える印象を大きく変えられます。まず、日本人の瞳の色に近い、ブラックやブラウンを強調するカラコンを選ぶこと。くるくるとした大きい目は、それだけで自然にかわいいと思えるものです。

かわいく盛るためのカラコン選び

基本は日本人が持っている瞳の色を活かしたカラコンですが、第三者の意見を取り入れると、客観的な視点で自分に似合ったカラコンを選べます。そしてその時に一緒に考えたいのが、自分の顔色や髪の色などの全体の印象。いくらカラコンで目元をかわいく盛れたとしても自分の印象と違ってしまっては不自然になってしまいます。

メイクは濃く、メガネは外す

最近のプリクラは、自動で顔の輪郭や目の形に修正が入るシステム。カラコンをつければ瞳は大きくなるのですが、薄めのメイクだとマスカラが修正されて不自然な仕上がりになってしまうことがあります。そのため、プリクラを撮る前に濃いめにメイク直しをしましょう。アイシャドウは目尻から3分の2を目安に塗ることで、プリクラの機械に目の範囲を認識させやすくなります。さらに、涙袋を作るよう意識するとさらにデカ目効果が期待できます。 また、メガネはフラッシュの光が反射して認識されなくなってしまうため、プリクラを撮る際は外すようにしましょう。

プリクラの機種もチェック!

プリクラの機種によって、写り方は大きく異なります。ポイントは肌のトーンを綺麗に整えてくれる、光の補正が強い機種を選ぶこと。強い光を当てることで、シワやニキビなど肌トラブルも気にならないレベルに修正されるからです。 さらに奥の手として、撮ったプリクラをインターネットでスマホにダウンロードできる機種もおすすめ。その写真を、加工アプリを使って自在に編集しちゃいましょう。プリクラの修正は自動で行なわれてしまいますが、これなら自分が満足できる仕上がりにできます。ただし、やりすぎはNG。修正しすぎて「詐欺プリ」なんて言われないように注意しましょうね。

まとめ

プリクラにかわいく写りたい。そう思うのはとても自然なこと。そんなとき、カラコンは手軽に使えるかわいく盛れるアイテムです。ぜひ上記で紹介したテクニックを実践してみましょう。カラコンを装着するだけで、プリクラに写るのが楽しくなりますし、テンションも上がること間違いなしです。