日差しの強い夏は目の日焼けにご用心!UVカットカラコンとは?

日差しの強い夏は日焼けがとても気になりますよね?
日焼けは美白を女性の敵。外出時は日傘を持って帽子を被り、強力な日焼け止めで完全防備、という方も少なくないでしょう。
だからと言って、肌の日焼けばかり気にしていると、ほかに潜む危険性を見逃してしまいます。
日焼け止めが何個あっても足りない夏の日差しですが、実は肌だけではなく目も日焼けをすることをご存知でしたか?目の日焼けはたいていの人が忘れがちになポイント。
そこで、目に日焼けをするとどんな問題が起こるのか、またそんな日差しの強い夏にオススメしたい機能つきのカラコンについて解説したいと思います!

目が日焼けするデメリット


・目に入る紫外線がお肌にも影響する
肌が日焼けする原因は肌に紫外線が当たっているからだと思っていると思いますが、それだけではないのを知っていましたか?
多くの女性が知らないことですが、実は目に紫外線が入るだけでも肌は日焼けして、シミやソバカスの原因になってしまうんです。
その理由は、紫外線が目に入ると脳にその刺激が伝わります。
目に紫外線が入ったという刺激によりメラニン色素を放出するように脳が命令を出すのです。
その結果肌も日焼けをしてしまうことになります。これは某有名国立大学の医学部が研究したことにより証明されているため、信じていいと思います。
ですから目が日焼けすることは女子にとってとても問題です。

・白内障になるリスクが増える
強い日差しを長時間受けているとドライアイになりやすくなりますが、実はそれだけではなく白内障になる危険性も増えてきます。
紫外線が目に入ると角膜を浸透して水晶体の中に入ります。
これの積み重ねによって水晶体のタンパク質に変化が起こり白く濁ってきて白内障になるのです。
白内障は加齢が原因だと思われています。しかし、実は20%以上の方が紫外線の影響による白内障だということがわかっています。
白内障は目というデリケートな部位の病気である上に、手術が難しい病気なので紫外線対策には心がけたいものです。

こんな人は目の日焼けに要注意


紫外線を目に受けやすいかどうかは、顔の作りによって個人差があります。
目元の彫りが深い人は、目が中に入り込んでいるので日差しを直接目に受けにくくなっています。
一般的に彫りが浅い日本人は、欧米人の約1.7倍目に日差しを受ける、というデータもあります。
これで、日本人にとって、日差しの対策が重要なものなのかわかってきましたよね。
また、近眼の人は眼球が普通より飛び出ていることが多いので、より注意が必要です。

夏に注意すべき時間帯


まず、晴れた日に紫外線が多いというわけではありません。
曇りの日は思っている以上に紫外線が多かったりします。曇りでも雨でも常に紫外線は降り注いでいる、ということを忘れないでくださいね。
お昼の12時頃は、確かに日差しが強い時間帯ではありますが、夏の太陽の位置はほぼ真上。
角度が高いので、紫外線が直接目に入る可能性は低いといえるでしょう。
ですが、太陽の角度が低い午前中や夕方ごろには注意が必要です。
朝や夕方は日差しもそれほど強くないので油断してしまいがちですが、注意して目の日焼け対策を心がけましょう。

紫外線対策には「UVカットカラコン」がおすすめ!


紫外線を防ぐにはサングラスをかけたり、帽子を被ったりといろんな方法があります。
ただ、帽子をかぶっても地面からの照り返しによる紫外線は防ぐことができません。
また、サングラスなどはどこでも掛けられるわけではありませんし、ファッションに合わせにくい場合があります。
そこでおすすめしたいのが、目を紫外線から守れるUVカット機能付きのカラコン。
UVカットカラコンなら、目に直接つけるので、帽子のように照り返しを気にしたり、サングラスのように目立ったりしません。
オシャレになれるだけでなく、実用的な機能もついているなんて、まさに一石二鳥ですよね。

おすすめUVカットカラコン


Rodeo(ロデオ) PINKYDEVIL MUSE ベージュ (UVカット付)
(BC:8.9mm DIA:14.5mm 含水率:38% 使用期限:1年)
グラムレンズでも、UVカット機能付きカラコンを販売中!


夏に向けて、紫外線が気になる!という方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

まとめ


いかがだったでしょうか? ひと昔前はガングロのギャルが流行った時代がありましたが、今は美白が主流。
肌にばかり気をつかって見落としがちな目の日焼けも、実は健康にも美容にも害があるということがわかっていただけたでしょうか?
UVカットカラコンは、目の雰囲気を変えるだけではなく、めぐりめぐって美容効果まであることもわかっていただけたと思います。
カラコンを有効活用して、より綺麗な女性を目指しましょう!