SALE

ダサカワイイ?カラコンと「タッキースタイル」のコーデ予習!

2016年のSSコレクションで話題になった「タッキースタイル」って知っていますか?昨年まで流行っていた“シンプルで雰囲気のあるスタイル”「ノームコア」と正反対のド派手な「タッキースタイル」は、今年のトレンドキーワードとしても注目されています。シンプルから一転、斬新かつ、新鮮とも言えるタッキースタイルとはどんなものなのか?そのコーディネートの詳細と、「タッキースタイル」をさらにワンランクアップさせるカラコンの使い方を伝授します!

「タッキースタイル」とは?

ファッションシーンを中心に流行している「タッキースタイル」。「tacky」(タッキー)とは“悪趣味な”という意味をもつ言葉です。その言葉を引用して、カラフルで派手なコーディネート、派手な模様の服など、ともすれば悪趣味ギリギリラインのスタイリングは“タッキースタイル”と呼ばれています。世界のコレクションなどでも注目されている、このトレンドファッションは流行に敏感な日本のファッショニスタの間でも流行しつつあります。プレイフル、ジョイフル、ユーモラス、ラブリー、キッチュ、レインボー、ラスタカラー、マルチカラー・ボーダー、フローラルプリントと色柄も華やかで、わざと「ダサかわいく」意識した奇天烈な着こなしが今ブームなのです。

柄×柄の奇抜なタッキースタイルにはグレーのカラコンが最適♡

「タッキースタイル」では、これまでタブーとされていた組み合わせが逆にオシャレとされています。まず代表的なスタイルが、柄と柄を組み合わせるコーディネート。コツは微妙に異なる柄どうしを合わせるところにあります。太さの異なるボーダー×ボーダーを合わせたり、色味の微妙に異なるチェック×チェックを合わせたり。コツはそれぞれまったく同じ柄どうしを合わせるのではなく、色味だけを合わせたりするようにするなどしてセットアップに見せないこと。あくまでもバラバラ感を強調しつつも、色や柄のパターンのみで合わせるように意識します。上が濃いブルー系、下は少し薄いブルー系など、グラデーション使いにしてもOK。上級者はドット、ストライプ、ボーダーと3種類を合わせてみましょう。そしてそんな奇抜なタッキースタイルにはグレーのカラコンがピッタリ!洋服の色味を邪魔せずに、かつ、ハーフっぽいアッシュ系の色味の瞳で奇抜さを和らげてくれます。

ド派手なトップスは瞳の色を合わせるのがポイント

タッキースタイルでは普段は絶対に選ばないような派手な模様のニットやトップスを着るのもトレンドです。カラフルな色味の組み合わせの幾何学模様のニットを着たり、裾がつぼまった形のニットを着たり、今まではあえて選ばなかったようなニットをあえて選んでその個性を楽しんだりします。この時のポイントは、全身をブラックで統一すること。派手なニットやトップス以外をブラックで統一することで、色味を強調できます。髪の毛の色もなるべく黒髪に近づけるとよりタッキースタイルがより際立ちます。もちろんカラコンもブラックで統一するのがおすすめ。黒い瞳を強調することで、全体を引き締められて、カラフルなニットやトップスもより映えて見えます。派手なタッキースタイルだからこそ楽しめる黒色のカラコンを楽しみましょう♪

バッグ、カラコン・・・小物から取り入れるタッキースタイル☆

普段はシンプルなスタイルに慣れている人は、派手で奇抜なタッキースタイルにちょっと抵抗がある・・・という人も多いでしょう。そんな人はまずは小物から取り入れてみてはいかがでしょう?奇抜なプリントのバッグや、派手なネオンカラーのバッグなど。コツとして最近のトレンドでもある小さめのバッグを選ぶこと。そうすれば目立つ色のバッグでも強調しすぎずに、アクセントとしてもオシャレに見せられます。他にも靴を黄色や赤などの派手な色味のパンプスにしたり、赤や青などがアクセント使いされたサンダルを履いたりしても◎。もちろん、ピアスやネックレスなどのアクセサリーで取り入れるのもOKです。選ぶ時は、それぞれ色味と合わせるようにすれば全体の統一感も生まれて、よりしっくりと見せられます。同じようにカラコンも、バッグや靴、アクセサリーの色味と合わせるようにしましょう。黄色のバッグなら、ゴールドがかったブラウンのカラコン、青いサンダルならブルーのカラコンなど、その日のファッションに入っている色味をカラコンに使い統一感を演出することで、よりタッキースタイルを演出できるのです。

まとめ

最初にチャレンジするのは勇気がいるかもしれませんが、慣れてしまえばハマってしまうタッキースタイル。最初からお洋服にチャレンジしてみるも良し、小物から取り入れてみるのも良し、それすらもちょっと勇気がない・・・という人はカラコンからチャレンジしてみても良いかもしれませんね♡