SALE

カラコン映えする瞳に♡涙袋トレーニング

人気タレントやアイドルのチャームポイントであることが多い「涙袋」♡ ぷっくりとした下まぶたは、目元の印象をキュートに仕上げるだけでなく、顔立ちに立体感をもたらす重要パーツですよね♪ カラコン愛用者の皆さんも、カラコンをより綺麗に映えさせるためのアイメイクとして、涙袋メイクに手をかけている方も多いのではないでしょうか? もちろんメイクでも涙袋「らしき」ものを作ることができます♪しかし、霜もともと涙袋がぷっくりしていたら・・・と思ったことはありませんか? 実は涙袋はトレーニングやマッサージで作れてしまうんです! そこで今回は涙袋を作るトレーニング方法についてご紹介します♡

涙袋は「筋肉」だった!

そもそも、涙袋とは何でできているかご存知でしょうか。 実は涙袋とは、「筋肉」で出来ています!キュートな目元を作る元が筋肉だったなんて、少し驚きませんか? 目の周りには「眼輪筋」という筋肉がありますが、涙袋はこの眼輪筋が盛り上がってできたもの。 つまり、この眼輪筋を鍛えれば涙袋が作れるというわけなのです! 笑った時に涙袋があれば、チャンス! 涙袋が無表情でもぷっくりしている人もいれば、笑った時にだけぷっくりと浮かびあがる人もいますよね。これは、眼輪筋の発達度合いによるもの。 私たちは笑ったり目を細めたりすると眼輪筋に力が入るようにできているので、普段は涙袋がない方でも笑うと浮かび上がったりします。 無表情でもぷっくりとした涙袋をゲットするためには、トレーニングをして眼輪筋を鍛えましょう♪

トレーニング①ウインク

涙袋作る為のトレーニングとして、一番簡単なのがウインクです。 ポイントは、下まぶたに意識を集中させること! 涙袋である眼輪筋に強く力を入れるイメージで、片目ずつ1日100回を目安にウインクを繰り返しましょう♪ 初めはなかなか疲れますが、その疲れが筋肉を発達させます。 できるだけ回数を重ねられるように、少しずつ慣れてくださいね♡

トレーニング②下まぶたでまばたき

二つ目は、下まぶたでまばたきをするトレーニングです! 下まぶたでまばたき?!と思われるかもしれませんが、実は普通のまばたきは上下で行われているものなので、普段から下まぶたもまばたきをしています。 涙袋を作る為には下まぶたの筋肉を発達させたいので、下まぶたのみでまばたきをする練習をしてみましょう。 まず、上まぶたを方手でできるだけ上に持ち上げて固定します。 まばたきをしても上まぶたが降りてこないように、しっかりとセットしてください。 この状態で、下まぶたのみでゆっくりとまばたきをしてみましょう。 目安は10回1セット♪朝昼晩と1日3セットを目安にトレーニングしてみてください。 涙袋の筋肉が刺激されてることが、だんだんとわかるようになりますよ♡

トレーニング③目を細める

三つ目のトレーニング方法は「目を細める」こと。 やり方はとっても簡単!目を細め、そのままの状態で下まぶたに力を入れて20秒キープするだけです! 初めのうちは下まぶたがプルプルとしてきますが、頑張ってキープ♪ 1日5セットを目安に毎日続けてください。 これなら職場や学校でこっそりトレーニングすることもできますね♪

まとめ

いかがでしたか? キュートな目元なる「涙袋」の作り方トレーニング方法をご紹介しました。カラコン映えする目元を作るためにも、ぷっくり涙袋は重要なパーツ♡是非カラコン選びと一緒に、涙袋を作るトレーニングも楽しんでみてくださいね♪