SALE

オルチャンメイクとカラコンで主役級の瞳になろう

若者に大人気の「オルチャンメイク」。きちんとメイクをしながらも、ナチュラルに見えるオルチャンメイクの女性はもちろん、男性からも好評です。オルチャンメイクのポイントは何といってもアイメイク!涙袋やアイラインなどのアイメイクはもちろん大切ですが、さらにオルチャンに近づくためにはカラコン使いがマスト!「オルチャンメイク」をする際は、ほぼ100%に近い確率でカラコンをしている女性が多いそうです。ちょっと不自然なくらい大きくてくっきりした黒目がオルチャン風♡男性ウケバツグン、カワイくなりたい女の子が憧れる「オルチャンメイク」を、もっともっと盛ってくれるカラコンで目元のオシャレを思いっきり楽しみましょう♪それでは早速、オルチャンメイクにぴったりのカラコンをご紹介しましょう!

「オルチャンメイク」とは?

「オルチャン」とは、ネット上で新しく作られた造語のこと。韓国語で顔を表す「オルグル」に、最高を表す「チャン」を組み合わせたことが由来しています。美人やキレイな顔立ちの女性というよりも、色白でチャーミング&カワイらしい雰囲気の女性に対してよく使われます。そんな「オルチャン」に憧れてマネする女の子が日本でも急増中!そんな「オルチャン」になれるメイクに欠かせないカラコン。落ちついた色味のカラコンでカワイらしさを、大きめ着色直径で盛れるデカ目を、おしゃれなデザインでナチュラルさを演出してくれます♪それでは早速、オルチャンメイクに映えるカラコンと、そのコツをリサーチしていきましょう☆

「オルチャンメイク」を成功させるコツとは?

まずは「オルチャンメイク」を成功させるコツからご紹介しましょう。「オルチャンメイク」にはいくつかのポイントがあります。はじめに陶器のような白い美肌を、BBクリームなどをベースに塗って作ります。その際、ベースより少し濃い目のフェイスカラーで薄めにノーズシャドウやハイライトを使って、すっと鼻筋がとおったように見せるようにしましょう。眉は絶対に細くしたりせず、あくまで元の眉を生かした太めの眉毛にします。アーチ型ではなく、なるべく直線で描くのもポイント。この時、眉の色を濃くしすぎないように注意。ふんわりとやわらかいブラウンの眉毛を意識しましょう。リップは、自然で血色がよく見えるものを選んで筆でぼかしながら塗って自然な感じに。そして、肝心な目元のメイク。全体的にナチュラルな「オルチャンメイク」ですが、目元だけはリキッドライナーなどでアイラインをくっきりと引くことが重要。目じりまでくっきりと引いて、下のラインも黒目の外側まで引きます。さらに目の下にアイシャドウを入れて、涙袋を作ってデカ目効果を入れればバッチリです♡

カラコンをプラスしてさらにカワイくなっちゃおう♡

「オルチャンメイク」は、ほかのパーツがナチュラルな分、「目もと」や「瞳」でカワイさをアピールします。「私は目が小さいから、オルチャンメイクはできないかも・・・」と悩んでいる人でも大丈夫!上記の「オルチャンメイク」のコツを参考にお化粧をして、カラコンを上手に使えば、誰でもオルチャンに近づけます♪オルチャンメイクで使用するカラコンは、自分の目に対して少し不自然なくらい大きめのサイズを選ぶのがポイント。色白を強調させる効果もバツグンです♡とはいえ、人間の目の理想の比率は目頭から白1:黒2:白1。あまり大きすぎて不自然にならないよう、自分の目のサイズに合ったカラコンを探すのが一番です。フチありタイプのカラコンを選べば、よりくっきりと、クリクリとした瞳に見せられますが、よく使われるのはフチなしタイプのカラコン。フチがぼやけているものの方がより自然な印象になるので、あくまで「自然にカワイく」がモットーな「オルチャンメイク」には向いています。色味はブラック、チョコ(こげ茶)、グレーがよく使われます。一番スタンダードなのはブラック。ブラックを使う場合はカラコンが大きすぎたり、フチが濃すぎたりすると宇宙人のように不自然な仕上がりになるので注意。明るい一色使いのブラウンよりは、少し暗めでグラデーションかかっている方のが、より自然で、カワイらしい感じも演出できます。フチが濃いチョコカラーや少し明るいチョコカラーが入っているデザインのカラコンが、「オルチャンカラコン」としては最適!グレー系のカラコンはハーフのような雰囲気が演出できて、肌もキレイにうつるのでおすすめです。自分がなりたい「オルチャン」のイメージを決めて、それに近い色やサイズのレンズを選ぶようにしましょう。

まとめ

ナチュラルメイクに見える「オルチャンメイク」についてのご紹介、いかがでしたか?まずはいくつかのポイントを意識してメイク。その後で、上記を参考に自分の好きなサイズや色味のカラコンを選びましょう♪これであなたも立派な「オルチャンメイク」の一員ですね♪